長崎はりきゅう接骨院

住吉区で接骨院・鍼灸院をお探しなら長崎はりきゅう接骨院へ。

ブログ

痛いときはあっためたほうがいいの?冷やしたほうがいいの?の話

先日、腰の痛みで初めてこられた患者さんに

『家でするにはあっためた方がいいの、冷やした方がいいの?』

という質問をされました

 

患者さんが家でできるセルフケアとして

湿布、お風呂に長時間入ってあっためる、冷やすなどがありますが

一番効果があるのどれなんってなりますよね

 

当院の答えとしては

『症状によって対応を変える』です

 

当たり前やろーと思うんですが

そうなんです、当たり前なんです

当たり前のようなことで大丈夫なんです

 

例えばぎっくり腰のようなむちゃくちゃ痛むときは

あたためませんよね?冷やしますよね!

これぐらいの認識で大丈夫です

間違っていたからといってすぐに患部が悪くなることはあまりないです

 

湿布の場合は注意が必要で

症状が強く出ている場合は、こまめに張り替えないと効果はありません

また長時間貼り続けるとカブレの原因になります

 

という感じで

基本的な考えとしては

①むちゃくちゃ痛い時は冷やす

②ある程度落ち着いてきた場合は冷やすorあたためる(痛む部位や症状によって変わる)

③湿布はこまめに変える

 

 

ちなみに当院では0度の氷でアイシングすることをお勧めしています

やり方はというと

①氷を袋に入れる(氷嚢でも可)

②水を少しかける(パチパチとなったらOK)

③空気を抜く

 

こういったことで適切なアイシングができ、凍傷の恐れがなくなります

ぜひアイシングする際はこの方法で試してみてくださいね(^^♪

ではではー!